資格界のパワーサイト!【資格ゴリラ】 - 各資格の難易度・合格率・受験資格・受験日・勉強方法等




スクーバ(スキューバ)ダイビング
スクーバ(スキューバ)ダイビングとは・・・
ダイビングをするのに特別な免許は必要ないが、安全のためには持っておいた方がよい。
技術指導をしているところは多いが、最も有名なのは『PADI』というところ。
資格の種類 民間資格
受験資格 10歳以上の者
申し込み期間 講習方法などにより異なる
受験日 講習方法などにより異なる
受験料 約5万円
講習説明・そのメリット 初心者対象の『オープン・ウォーター・ダイバー』で、CカードというPADIに代表される民間ダイバー教育機関が発行するカードを取得する。

このCカードを取得することにより、ダイビングツアーへ参加したり充填済みのタンクが借りられるようになり、世界の海でダイビングすることができる。

さらにスキルを磨くと、『レスキューダイバー』『ダイブマスター』『インストラクター』などの資格を取得できる。
試験内容 (オープン・ウォーター・ダイバー)
ダイブセンターを選択し、プールまたは海からスタートするか、マニュアルとビデオを事前に入手し自習をしてからミーティングするかを相談

【レクチャー】
自習度合いにもよるが、約6時間のレクチャーを受ける
ダイビングテクニック紹介・器材紹介・水中環境・安全ダイビングのルールなど

【プール】
約12時間
器材セッティング・呼吸法の習得・緊急時の対応・浮力調整テクニックの習得

【海洋実習】
最大深度18mまでの安定した浅場の水域で合計4ダイブを実施

一般的なパターンとしては、プールでのスキルを実際に海洋で適応できるかチェックし、水中ツアーも実施

修了後、インストラクターにCカード申請書式に記入をしてもらう
問い合わせ先 (株)パディジャパン


※開講講座及びその詳細については公式HPを ご確認ください
資格取得のための講座・学校

ユーキャン
生涯学習のユーキャン
【特長】
■通信講座が充実しており、時間のない人や自宅で勉強したい人に最適
■「毎日30分勉強」の積み重ねで資格取得を目指す
■一人一人の習熟度や弱点に応じた細やかな指導
■通信講座がメインなので気軽に質問しやすい
 
 ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミー
資格取得・キャリアアップのヒューマンアカデミー
【特長】
■校舎数は全国46、講座数は540にもなる資格取得の総合専門校
■既に25万人以上が修了
■講師陣は、各分野の第一線で活躍中のプロフェッショナル達
■就職・転職セミナーや資格取得後の仕事紹介もフォロー
 
資格の大原
資格の大原
資格の大原
【特長】
■1学年30名の少人数制のため、ゼミ形式でコミュニケーションを取りながら勉強できる
■公務員試験・行政書士試験・簿記・宅建・FPなどのメジャー資格の合格率が高い
■担任制による一人一人の能力に合わせたきめ細かな指導
■財務系資格や会計資格に強い

※難易度や合格率、受験資格等は、各年によって変わることがありますので、詳細については各公式サイトでご確認ください。

資格界のパワーサイト!【資格ゴリラ】のトップへ戻る