資格界のパワーサイト!【資格ゴリラ】 - 各資格の難易度・合格率・受験資格・受験日・勉強方法等




資格界の2大巨頭、「英語」と「パソコン」
今現在、資格の中で最も人気のある(需要の高い)ものと言えば、、、

やはり、「英語」「パソコン系」の資格でしょう。
その受験者数は、他の資格と比べると圧倒的に多いです。


まず、英語について。

国際化社会に伴い、英語資格の人気は衰えることを知りません。
特にTOEICが人気で、少しでも就職に有利になるだろうという感じで受験者数が上昇し続けています。

英語の検定で最も受験者数が多いのは英検ですが、受験者の多くは中学生・高校生。
逆にTOEICの場合は、大学生・社会人の割合が高いです。

受験者数についても、英検は、1999年度には約350万人の受験者がいましたが、2002年度には約260万人となり、約4分の3の規模に縮小しました。
対照的に、TOEICは同じ期間で、約87万人から約130万人へと大幅に増加しています。

企業に優遇される、ビジネスに役立つ英語が求められているといったところでしょうか。

どちらにせよ、英語の需要はまだまだ高く、そして今後も衰えないでしょう。
世界中でこれだけ多くの人に使われている言語ですから。


次に、パソコン系の資格について。
これも言うまでもありませんね。

近年のパソコンの普及率は半端じゃないものがあり、結構高齢な人でも普通にインターネットを楽しんでいることも珍しくありません。
それに伴い、IT系の企業も続々と登場・発展を遂げ、パソコンに関するあらゆる資格が創設されています。

初級シスアド、上級シスアド、ITコーディネータ、アプリケーションエンジニア、ドットコムマスター、オラクルマスター、基本情報技術者、CAD利用技術者、システムアナリスト、ソフトウェア開発技術者・・・・・

数えだすとキリがありません。
それくらいに、権威ある検定・資格が多数存在します。
それでいて、パソコン系の資格は受験資格の制約がほとんどなく、誰でも受験できる資格ばかり。


「特に取りたい資格もなく、何を取っていいのかもわからない。 でも、将来の為に何か使える資格を取っておきたい。」
こう考える人もいることでしょう。
そんな時は是非、英語かパソコン系の資格に目を向けてみてはどうでしょうか?(当然、目指す将来にもよりますが・・・・)


資格というのは、「やりたいことの為にその資格が必要だから勉強・取得する」というのが本来の形。
しかし、こういうことに「形」などというものは存在しないのです。
人それぞれ、目的や考え方は自由なのですから。

仮に「なんとなく」であろうと、資格取得に向けて勉強することは無駄にはならないと思います。
ましてや、そこで取得できた資格が邪魔になったり、その資格を持っていることを後悔したりすることなどありえないのですから。

きっといつか、あなたを助けるアイテムとなってくれるでしょう。
特に、このページで取り上げた2種類の資格は、需要もあり汎用性も高いものですから。


※開講講座及びその詳細については公式HPを ご確認ください
資格取得のための講座・学校

ユーキャン
生涯学習のユーキャン
【特長】
■通信講座が充実しており、時間のない人や自宅で勉強したい人に最適
■「毎日30分勉強」の積み重ねで資格取得を目指す
■一人一人の習熟度や弱点に応じた細やかな指導
■通信講座がメインなので気軽に質問しやすい
 
 ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミー
資格取得・キャリアアップのヒューマンアカデミー
【特長】
■校舎数は全国46、講座数は540にもなる資格取得の総合専門校
■既に25万人以上が修了
■講師陣は、各分野の第一線で活躍中のプロフェッショナル達
■就職・転職セミナーや資格取得後の仕事紹介もフォロー
 
資格の大原
資格の大原
資格の大原
【特長】
■1学年30名の少人数制のため、ゼミ形式でコミュニケーションを取りながら勉強できる
■公務員試験・行政書士試験・簿記・宅建・FPなどのメジャー資格の合格率が高い
■担任制による一人一人の能力に合わせたきめ細かな指導
■財務系資格や会計資格に強い

資格界のパワーサイト!【資格ゴリラ】のトップへ戻る